2010年01月13日

糖尿病性腎症治療薬の開発・販売権を取得−協和発酵キリン(医療介護CBニュース)

 協和発酵キリンは1月8日、米リアタ社が糖尿病性腎症患者を対象に米国でフェーズ2試験を実施中のバルドキソロンメチルについて、同社から日本、中国、台湾、韓国、東南アジア諸国における独占的開発・販売権を取得する契約を締結したと発表した。研究・開発の重点領域の一つである腎領域において、ラインナップを拡大する。

 協和発酵キリンによると、2008年に日本国内で新規に透析を導入した患者は約3万7600人で、その43%が糖尿病患者だったという。しかし、国内で糖尿病性腎症の適応を持つのはアンジオテンシン2受容体拮抗薬のニューロタン(万有製薬)しかなく、しかも高血圧症やたんぱく尿を合併しない患者に対する有効性や安全性は確認されていない。

 バルドキソロンメチルは、抗酸化因子や解毒因子の産出を促進する遺伝子であるNrf2を活性化し、細胞内の抗酸化因子を増加させることで腎組織を炎症から保護する。リアタ社が既に実施した2つのフェーズ2試験では、9割以上の患者で腎機能の指標である推定糸球体濾過量(eGFR)に改善が見られたとしている。

 今回の契約に伴い、協和発酵キリンはリアタ社に対して、契約一時金3500万ドルと開発の進ちょくに応じて最大9700万ドルを支払う。また製品上市後は、販売額に応じて最大1億4000万ドルとロイヤルティーを支払う。


【関連記事】
抗体医薬品の情報サイトを開設−協和発酵キリン
シナジー効果で医薬品の営業利益増―協和発酵キリン
「飲酒に関する指導」半数が守れず―糖尿病のビジネスパーソン
糖尿病治療薬市場に本格参入へ―中外製薬
腎性貧血治療薬市場にバイオ後続品が参入へ―日本ケミカルリサーチ

人生一度きり
ElleryBaconのブログ
ショッピング枠現金化
自己破産
クレジットカード現金化
posted by hfjlme9zltmhdzmt at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<訃報>春風亭栄橋さん70歳=落語家(毎日新聞)

 春風亭栄橋さん70歳(しゅんぷうてい・えいきょう<本名・山田昌男=やまだ・まさお>落語家)12日、パーキンソン病のため死去。葬儀は16日午前10時、東京都品川区西五反田5の32の20の桐ケ谷斎場。喪主は妻美津江(みつえ)さん。

 東京都出身。1957年、三代目桂三木助に入門し、その後六代目春風亭柳橋門下に。73年真打ち。日本テレビ系の人気番組「笑点」で初代司会者、立川談志さんの時代に大喜利メンバーとして活躍した後、長期療養を続けていた。

zuzgngztnsのブログ
晴れ時々魚
債務整理・自己破産
競馬情報
クレジットカード現金化 比較
posted by hfjlme9zltmhdzmt at 17:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪拘置所 建て替え計画を一部変更 住民要望で環境配慮 (産経新聞)

 ■18→15階建てに 歩道広く 

 今年秋から始まる大阪拘置所(大阪市都島区)の建て替えをめぐり、法務省が近隣住民の要望を受け入れ、当初計画を一部変更したことが12日、わかった。建設当時、周辺は工場地帯だったが、現在はマンションが立ち並ぶ住宅地に変貎(へんぼう)しており、現地での建て替えそのものに反対する声もある。このため、一部の建物の高さを当初より低くするほか、周囲の歩道を大幅に広げるなど周辺環境に配慮するという。

 大阪拘置所は昭和38年、大阪市北区から移転し、現在の場所に建設された。施設の老朽化が激しい一方、単独室が少なく、「拘置所の収容者は原則単独室にする」と定めた刑事施設・受刑者処遇法(平成19年施行)に違反する状態になっていた。

 法務省は平成21年春、22年度から10年間で、総事業費約500億円をかけて現地で全面建て替えする計画を発表。住宅地に変貎した周辺環境との調和を図るため、象徴的存在だった高さ4・5メートルのコンクリート塀をフェンスに変え、植栽を大幅に増やすなどの工夫も取り入れた。

 しかし、一部住民からは移転を望む声が根強く、さらなる配慮を求める声も多かった。このため法務省は、当初計画では18階建てだった職員用宿舎を15階建てにしたほか、面会人用の駐車場を敷地内に設けたり、拘置所周囲の歩道を1メートルから4メートルに拡幅したりする見直しを行ったという。

 職員用宿舎の低層化で約370室分が確保できず、敷地内の別の場所に新たに宿舎を建設しなければならないが、大阪拘置所の谷本繁三調査官は「いずれも住民からの要望が高く、折り合えるところは折り合った。住民の方にはぜひ理解してほしい」と話している。

 建て替えの間、収容者のうち容疑者や大阪地裁での裁判に出廷する被告は敷地内に順次新設される収容棟に入り、そのほかの受刑者は近隣府県の拘置所や刑務所に移送するという。

                   ◇

 ■延べ7万人以上収容

 約7万平方メートルの敷地に5階建ての施設8棟が並び、1434人(平成21年11月末現在)が収容されている大阪拘置所。法務省にも正確なデータはないが、定員(2120人)や収容率から推察すると、これまでに延べ7万人以上が収容された計算になる。

 収容者の大半は容疑者と被告だが、受刑者や死刑囚も暮らす。死刑廃止を訴える民間団体によると、和歌山カレー事件の林真須美死刑囚(48)=再審請求中=や奈良市の女児誘拐殺人事件の小林薫死刑囚(41)ら15人の死刑囚が現在も収容中だ。

 一方、昭和56年以降に死刑が執行されたのは、大教大付属池田小児童殺傷事件の宅間守元死刑囚や姉妹連続殺人事件の山地悠紀夫元死刑囚ら23人にのぼる。

 全面建て替え後は収容棟や職員用宿舎など計15棟(15〜6階建て)が並び、定員は2500人に増える。

 面会室は56室と大幅に増えるため、面会時間もこれまでより長くなるという。

携帯テクニック
終わりなき旅
現金化口コミ
ショッピング枠現金化
債務整理無料相談
posted by hfjlme9zltmhdzmt at 01:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。