2010年01月16日

診療報酬改定の課題、月内に取りまとめ―民主議連(医療介護CBニュース)

 「適切な医療費を考える民主党議員連盟」は、来年度の診療報酬改定の課題について、病院、診療所、看護などといったチームに分かれて議論し、月内に意見を取りまとめた上で、重点的に点数を付ける項目などについて要求を行う。

 同議連会長の桜井充参院議員は、1月13日に開かれた勉強会後の記者会見で、病院、診療所、看護、リハビリテーション、歯科、薬科などのチームに分かれて診療報酬上の課題を議論することを明らかにした。
 どの程度まで議論を進めるのかとの質問に桜井議員は、点数の詳細まで検討する時間はないとした上で、「ここは上げてくれとか、こういう点数は必要だ」といったことなどを話し合っていくとした。
 意見の取りまとめ後については、民主党の幹事長室と相談するとし、「幹事長室が全部窓口になると言うのならお願いするし、議連でやれと言えば、(厚生労働省の)政務三役と話し合いをしていきたい」と述べた。
 また、中央社会保険医療協議会(中医協)で診療報酬の詳細が詰められていく中、今月末の取りまとめでは時間的に厳しいのではないかとの質問には、厳しいと認めた上で、どこまで踏み込めるかが極めて大事とし、「個別の案件で、どうしても相いれないようなところが出てきたとすれば、その部分を議論する必要がある」と述べた。その上で、最も大きな問題になるのは再診料との見方を示し、別途に議論が必要になる可能性も指摘した。


【関連記事】
診療報酬増など政策要求の「最重要項目」に―民主議連
診療報酬、総額で3%以上アップを−民主議連
財務省政務三役に医療費増加を要望へ―民主議連・桜井会長
医療費増を目指す民主議連が発足−「診療報酬の大幅アップを」

悪天候 強風で電線切れ 3万3000戸が停電 新潟県内(毎日新聞)
知人女性と子ども連れ回し、500万要求男逮捕(読売新聞)
羽田管制トラブル、プログラムミスが引き金か(読売新聞)
<瑞穂・女性遺棄>容疑者を鑑定留置へ(毎日新聞)
<大麻所持容疑>「無職少年からもらった」逮捕の中学生供述(毎日新聞)
posted by hfjlme9zltmhdzmt at 07:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。