2010年03月26日

年金詐取し上納 弘道会系組長ら再逮捕(産経新聞)

 社会保険庁から詐取した厚生年金を上納させたとして、警視庁組織犯罪対策4課は24日、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)の疑いで、指定暴力団山口組弘道会系組長、遠藤智容疑者(46)=詐欺容疑で逮捕=ら2人を再逮捕、同組幹部の藤崎哲也容疑者(39)を逮捕した。

 同課の調べによると、遠藤容疑者らは同会幹部の佐藤輝彦被告(43)=詐欺罪などで起訴=の父親が平成18年1月に死亡した後も生存しているよう装い、社会保険庁に虚偽の書類を提出、19年10月〜20年4月、同庁から詐取した厚生年金約600万円のうち約100万円を組費名目で徴収した疑いが持たれている。

【関連記事】
弘道会関係者ら4人逮捕 監禁致傷容疑で大阪府警
強盗致傷などで山口組淡海一家の幹部ら11人を逮捕 滋賀県警
山口組総本部を家宅捜索 恐喝事件で京都府警
弘道会捜索 捜査員の家族情報も収集…警戒強める当局
暴力団「弘道会」本部を家宅捜索 大阪府警
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<日米密約>「破棄」文書、外務省が調査へ(毎日新聞)
競泳の源氏、出馬見送り表明=参院徳島(時事通信)
政府、米と地元に移設案を非公式打診へ(読売新聞)
<参院選>香川選挙区に岡内氏 民主と社民が共同推薦(毎日新聞)
衆院外務委員会参考人質疑(鈴木宗男委員長の総括質疑)(産経新聞)
posted by hfjlme9zltmhdzmt at 13:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

<科学技術政策>東大など9大学長が提言(毎日新聞)

 東京大、京都大など旧7帝国大と、慶応大、早稲田大の9大学の学長が19日、地道な基礎研究や若手研究者の支援などを実現する具体的な政策提言を取りまとめ、新成長戦略や来年度から始まる科学技術基本計画に盛り込むよう政府に求めた。

 提言では、大学を「国を支える人材を育てる知の拠点」と位置づけたうえで、日本の高等教育への投資額の低さを指摘。重点的に取り組む政策課題として具体的に▽若手を対象とする数千人規模の終身教員職の設置▽若手研究者の海外武者修行の拡充▽国立大の人件費削減方針の撤廃▽国立大運営費交付金など基盤的経費の拡充▽科学研究費補助金の採択率を現状の2割程度から3割以上に▽老朽化施設・設備の整備補助▽大学主導型の予算システムの確立−−などを提案した。

両陛下と皇太子ご一家がご昼食(産経新聞)
国税局、監視委と反対の判断…ビックカメラ決算(読売新聞)
<日米密約>リスト定かな記憶ない…藤崎駐米大使(毎日新聞)
<公明党>参院選「他党候補推薦せず」発言を撤回 山口代表(毎日新聞)
老人施設「たまゆら」火災で運営団体のNPO認証を取り消し(産経新聞)
posted by hfjlme9zltmhdzmt at 17:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

JR運転一時見合わせ、常磐道2時間通行止め 福島・震度5弱(河北新報)

 福島県沖で14日夕に発生した地震で、仙台市内で女性が大けがをしたほか、東北新幹線と山形新幹線が安全確認のため一部区間で運転を見合わせるなど、交通機関に影響が出た。福島県では、住宅の屋根瓦が落下するなどの被害が出た。東京電力と東北電力によると、地震による原発への被害はないという。

 仙台市消防局などによると、青葉区の女性(86)が自宅で転倒し、脚の骨を折った。

 JR在来線は、東北、常磐、奥羽、仙石など各線の一部区間で運転を見合わせ、列車に遅れが相次いだ。阿武隈急行は全線で一時運転を見合わせ、徐行運転を行った。

 高速道路は、常磐道いわき四倉―常磐富岡インターチェンジ間が約2時間通行止めになった。東北道も速度規制を行った。

 福島県によると、富岡町で住宅2棟の屋根瓦が落下したほか、福島市の県文化センターで収納庫のガラスにひびが入るなどの被害が出た。

 震度5弱を観測した楢葉町は、町役場に警戒本部を設置して情報収集に当たった。同町上小塙の民家で土蔵の壁がはげ落ちたが、けが人はなかった。

 同町上繁岡のコンビニエンスストアでは、瓶が割れるなどの被害が出た。同店店員は「13日の地震より大きく、時間も長く感じられた」と地震発生時の様子を語った。

 宮城県によると、東松島市矢本西小で校舎と体育館のガラス計3枚にひびが入った。

 名取市では13日も震度4を観測。市防災安全課は「宮城県沖地震との関係が気になる。震度4が当たり前になり、地震に慣れてしまうのも怖い」と不安を口にした。

◎「今後震度4の余震の可能性」/仙台管区気象台

 仙台管区気象台と福島地方気象台は14日午後7時から、それぞれ記者会見した。

 このうち、仙台管区気象台の中村浩二地震情報官は「14日の地震は東北地方に沈み込む太平洋プレートと陸のプレートの境界付近で発生した。今後1週間程度の間に、最大震度4程度の余震が起きる可能性はある」と話した。

 今回の震源付近では、2007年11月26日にM6.0、08年7月19日にM6.9の地震が発生し、それぞれ最大震度4を観測した。

◎13日の地震、「ひずみ」生む/東北大・海野教授

 福島県沖を震源として14日夕に発生したマグニチュード(M)6.7の地震は、東北大地震・噴火予知研究観測センター長の海野徳仁教授(地震学)によると、13日夜に起きたM5.7の地震が誘発したとみられる。

 太平洋プレートは年間8センチの速さで、東北地方の陸のプレートの下に沈み込んでいる。13日の地震は、太平洋プレートの内部(深さ約80キロ)が壊れて起きた「正断層型」だった。これに対し、14日の地震は太平洋プレートと陸のプレートの境界付近(深さ約40キロ)で起きた「逆断層型」と分かった。

 海野教授は「13日の地震はプレートの内部で引っ張る力が生じて発生。この地震により、プレートの境界に力が加わり、『ひずみ』を解放するために14日の地震が起きたと考えられる」と言う。
 二つの地震が発生した福島県沖の地域は、過去の資料によると、M7.0以上の大規模な地震が記録されておらず、それ以下の地震が多い地域だという。海野教授は「地域的な特徴だろう。今回の二つの地震も比較的強いとはいえ、決して大規模ではない。太平洋側のプレート付近で多い地震の一つ」と解説する。

 近い将来発生が確実視される宮城県沖地震との関連については不明という。海野教授は「宮城県沖地震の発生に向けて、プロセスが進んでいるとは予想されるだろう」と注意を促している。


沖縄知事、陸上部案・埋め立て案とも反対(読売新聞)
鳩山首相、邦夫氏離党「留守電聞いてなかった」(産経新聞)
鳩山首相 COP15「成功に終わったとは言えない」(毎日新聞)
レンタルメールフォーム「Xform」が4/16以降に初期費用を改定
公立病院医師ら書類送検=薬誤投与の疑い−青森県警(時事通信)
posted by hfjlme9zltmhdzmt at 19:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。