2010年05月31日

<口蹄疫>農水省が種牛候補を提供の用意 宮崎県の要請で(毎日新聞)

 宮崎県で感染が広がる口蹄疫(こうていえき)の問題で、農林水産省は、独立行政法人家畜改良センターが育てている宮崎県の種牛の血統を受け継ぐ種牛候補を、宮崎県の要請があれば提供する方針を決めた。対象の牛は、鳥取県内などにある同センターの牧場に8頭おり、うち4頭は約22万頭の子牛の父となったスーパー種牛「安平」の孫。安平は今回の口蹄疫で殺処分の対象となった。

 農水省によると、種牛をつくるには6〜7年かかるとされるが、この候補の提供を受ければ、約2年短縮できるという。【佐藤浩】

【関連ニュース】
口蹄疫:家畜の埋却用地を宮崎県農業振興公社が買い取り
口蹄疫:「かごしま黒豚」20頭が宮崎県境から避難
口蹄疫:「区域外」処理も検討 早期出荷へ農水省
口蹄疫:ワクチン接種ほぼ終了 進まぬ「牛豚ゼロ地帯」
但馬牛:種牛3頭を移動へ 兵庫

<大地震>グラッときたら、まず避難 火の始末は揺れ収まってから 文科省が見直し報告書案(毎日新聞)
混雑に一苦労…メーンバンクの窓口、どの程度行く?(産経新聞)
野口健さん 遺骨収集NPO退会 週刊誌報道めぐる考え方に違い(産経新聞)
秋葉原無差別殺傷 きょう第9回公判 被告取り押さえた警察官が証言(産経新聞)
農水省、口蹄疫拡大で国や県の防疫態勢調査へ(読売新聞)
posted by hfjlme9zltmhdzmt at 22:07| Comment(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。