2009年12月24日

「自宅で石綿禍」中皮腫で死亡の遺族が大丸などを提訴 大阪地裁(産経新聞)

 神戸市内の女性=当時(67)=が中皮腫で死亡したのは、自宅マンションのボイラー室に吹き付けられたアスベスト(石綿)が原因だったとして、夫の坂元正裕さん(74)ら遺族が18日、マンションを販売した大丸とボイラーを納入した川崎重工など計4社に総額約8900万円の賠償を求める訴えを大阪地裁に起こした。代理人の大阪じん肺アスベスト弁護団によると、家庭での石綿被害をめぐる訴訟は初めて。

 訴状によると、女性らは昭和52年、マンションに入居。台所奥の小部屋にボイラーを備える構造で、着火時の衝撃で小部屋の壁やボイラー本体に使われていた石綿が飛散したという。

 女性は中皮腫と診断されて平成18年に死亡。死後、肺から発がん性の強い青石綿が検出され、19年にアスベスト新法(石綿健康被害救済法)の適用を受けた。

 昨年3月にマンションの全室からボイラーの撤去が完了したが、坂元さんらは「石綿を飛散させるおそれを知りながら欠陥のあるボイラーを漫然と放置した」と主張している。

【関連記事】
路上に大量アスベスト 千葉で不法投棄か
欧州最大のアスベスト禍公判開始へ 伊、死者2200人と訴え
報知機設置で石綿被害 肺がん死男性遺族が大阪地裁に提訴
伊地裁で石綿被害公判へ 「2000人死亡」と検察側
石綿労災認定の977事業所を公表 厚労省

最近の出来事
ヴェンダ語で日本のニュースを読む
クレジットカード現金化
出会いランキング
ライブチャット
posted by hfjlme9zltmhdzmt at 18:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。