2010年03月19日

<雑記帳>すき間からシクラメン、たくましく 千葉・茂原(毎日新聞)

 千葉県茂原市のごみ処理施設「長生郡市環境衛生センター」で、コンクリート壁とアスファルトの地面のわずかなすき間から伸びたシクラメンが濃いピンクの花を咲かせ、職員らを驚かせている。

 計量所の一角で、吹きだまりのような場所。運び込まれるごみに種が入っていたのか、いつの間にか雨水を頼りに根を張った。数年前からこの時期になると毎年開花するという。

 「内気」「はにかみ」「遠慮」という花言葉を思わせる場所に咲いたシクラメン。世話する人がいなくても、名曲の歌詞にある「疲れを知らない子供のように」たくましく育っている。【吉村建二】

【関連ニュース】
菰野町のシクラメン農家・増田康典さん /三重

桜危機の吉野守れ、地元・保勝会が住民説明会(読売新聞)
宇高航路廃止を撤回 四国フェリー「経営めど立つ」(産経新聞)
国内移設なら期限設定を=社民・阿部氏(時事通信)
小糸工業の小糸会長、会長職を引責辞任(レスポンス)
日本郵政 郵便局内の仕切り、撤去を開始(毎日新聞)
posted by hfjlme9zltmhdzmt at 03:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。